美肌になるにはどんなことに気をつければいい?

美肌になるにはどんなことに気をつければいい?

 

いつからか毎度日の適当なスキンケア学生時代はぷるんぷるんのお肌だったけど、いつからかファンデをしないと見せれない肌になってしまった。若いときだったからしょうがないですね。という気持ちはこの先を暗く表情も憂鬱にしてしまいます。綺麗になることは簡単です。日々の習慣を少し変えることで若いときの肌は戻ってきます。過剰なケアとサヨナラしましょう。ファンデーションをなるべく使わないようにしましょう。転んで擦り傷を作っても肌には自然な治癒能力があります。肌は健康であろうとする恒常性をもっています。それは新陳代謝がかかわっています。新陳代謝はすべての肌トラブルを跳ね返し改善へと導きます。まず洗顔のしずぎを止めましょう。

 

洗顔すると肌は乾燥します。そのうえオイルクレンジングなどは乾燥の元です。乾燥は皮膚には本当に悪いのです。乾燥をされないように気をつけてください。日本人は潔癖なところがありますのでごしごし肌をこするように磨くと綺麗になると思っている人もいますがそうはなりません。こするとシミやしわができ易くなります。本来の肌は皮脂や汗であかを出す働きをしていますのでクリームや美容液を塗りすぎると本来持っている肌の力を最大限高めることができなくなります。肌のトラブルが気になるときほど何も塗らない、こすらないと本来の肌を高めるようにしましょう。

 

スキンケアを止めてしまうと本当に肌が綺麗になります。肌には蓋をしないようにしましょう。すると肌のくすみがとれ翌日の肌の状態が本当に違います。またしわも改善され本当にハリが出てきます。にきびも状況にもよりますが、洗いすぎると酷くなる場合があります。アクネの化粧品もよく売られていますが実際は、何もしないことが一番肌にはいいのです。肌の周期で乾燥しているときは肌が生まれ変わっていると言われています。それは、悪いことではなく、肌にもコンディションや周期がありそのままにしておくことがとても肌の自然能力を高める結果肌自体がいきいきとしてきます。